エンジニアはひきこもるに最高の職業。

エンジニアのひきこもり通販生活

トピックス

【Amazonプライム】Amazonプライムの家族会員の数が減少!?まぁAmazonファリミーもあるもんね。

「Amazonプライム家族会員」なんとも語呂の悪いサービスで有名(多分)なAmazonプライム会員特典(?)の一つですが、あまり使われてないのかこの度仕様がかわることに。
全世界の日本語が理解出来る「Amazonプライム家族会員」がなにか分からない人に向けた記事ですよ!それ以外の人には残念ながら大した価値もない記事だよ!

そもそもAmazonプライム家族会員って何?

Amazonファミリーとよく混同されますが、まったくの別物です。
Amazonプライム会員は同居の人に限り、2人までAmazonプライム家族会員として設定する事ができます。

酔麿呂
だから家族会員ってなんだよって話なんだが・・・

一言で言ってしまえば、極々一部のプライム特典をうけることができるサブアカウントを設定できる機能です。
正直、私としては今回の2人→1人は妥当だし、むしろ制度的にはいいんじゃない?って気持ちはある。

本当に改悪?基本機能は正直あまり意味がない

ちなみに、気になるAmazonプライムの家族会員の特典はこちら

  • お急ぎ便が無料
  • お届け日時指定便が無料
  • 特別取扱商品の取扱手数料が無料
  • プライム会員限定先行タイムセール
  • Amazonパントリー
  • Prime Now
  • Amazonフレッシュ

※Amazonフレッシュ会員(配送料無料プラン)はプライム会員ご本人が登録することで自動的に利用できるようになります

こんなにも特典があるのに、何故意味がないのか。疑問に思いますよね。

酔麿呂
Amazonプライム家族会員の条件は同居ですから、本アカウントがあれば不要な特典
そこに気付いてしまいましたね・・・
サポート

というわけで、今回夫婦と子供みたいな日本のよくある家族模様から夫婦用みたいな改変が行われたAmazonプライム家族会員。
しかしこの改変に「改悪」だのと声を大きくする人がいます。個人的には意味がわからない気持ちでいっぱい。

悪用!?Amazonプライム家族会員によるポイント3倍取り!

とまぁ意味がわからないと言ってみたものの、この制度を利用した最も有効な活用方法は同居の別アカウントで各種特典を利用する事ではありません。
例えばセール時などの上限が決まっているボーナスポイントの付与。
最大5000Pの上限でお得に買物が出来る事とかあると思いますが、この上限はアカウント毎の管理なのでAmazonプライム家族会員を2つ用意する事で、3倍の15000Pまで獲得する事ができます。
これが1アカウント分減るということになるので、ずる賢く活用していた人からすると大幅な改悪となるのかなと思います。

Amazonプライム家族会員の今後予想

嫁(旦那)にバレずに注文したい物があるひと向けみたいな機能になっていくんじゃないかなーと。
最終的にはアカウント制限がなく、本アカウントの設定している住所に限って配送料無料とかパントリー・フレッシュ対応とか。

夫婦間だけじゃなく、子供とか両親とかもそれで利用できるように。
家族間でもプライバシーを確保しつつプライム会員の配送特典は利用できるよって感じで。

「旦那のアカウントだけプライム会員だからパントリーで日用品を注文したいけど、わざわざ頼むのも…」

といった機会損失を回避したりとかね。
なのでやっぱりどうせ家族で1個持ってれば良いようなプライム特典は家族会員として共有できるような仕組みになっていくんじゃないかなーと思います。

その他のAmazonプライム会員特典

Amazonプライム会員の特典はほかにもたくさんあります!
知ってるものから知らないものまで、Amazonプライム会員歴10年の自称Amazonのプロが徹底解説!


こんなにもお得なAmazonプライム会員ですが、なんとびっくり日本人の加入率は約17%程度というデータもあります。
今Amazonプライム会員になれば上位17%に入ることができるんです!魅力じゃないですか?
かといって年間4900円を何気なく支払うのはすこし重たい…それなら徹底的に知りましょう!Amazonプライムを!

まとめ

ちなみにAmazonファミリーは赤ちゃん・子供用品が安く買える特典なのでほんっとうにまったく違います。
同じ家族・ファミリーを冠する特典・サービスなだけに勘違いしやすいですけどね!

-トピックス
-,

Copyright© エンジニアのひきこもり通販生活 , 2019 All Rights Reserved.