エンジニアはひきこもるに最高の職業。

エンジニアのひきこもり通販生活

https://shopping-life.jp

トピックス

【Kindleオーナーライブラリー】実はAmazonプライム会員なら毎月電子書籍が1冊無料な件

2019年9月29日

AmazonプライムのKindleオーナーライブラリーとは?

AmazonプライムのKindleオーナーライブラリーは、電子書籍をお得に楽しむことができる会員限定のサービスです。Kindle電子書籍リーダーかFireタブレットを所有したうえでKindleのサービスを利用している場合、さまざまな得点を得ることができます。

Amazonが提供している電子書籍サービスKindleは、膨大な書籍の中から読みたい本を選んで手軽に読むことができるのが大きな特徴です。Amazonらしく国内の書籍だけでなく海外の書籍も対象となっており、普段なかなか手に入らない洋書を読む機会にも恵まれます。そんなKindleのサービスをお得に、快適に楽しむための得点が用意されているのがAmazonプライムのKindleオーナーライブラリーなのです。

Kindleで電子書籍を読むためにはいくつかの選択肢があります。まずもっとも有名な電子書籍リーダーのKindle、そしてFireタブレット。さらにスマホのアプリやパソコン上でも読むことが可能ですが、このAmazonプライムのKindleオーナーライブラリーは電子書籍リーダーとFireタブレットを持っていることが前提となります。

ですからAmazonプライムのKindleオーナーライブラリーに興味を持っている方はまずこれらの端末を用意したうえで利用を検討する形となります。そのうえでプライム会員に入会していること。なおこのプライム会員は1ヶ月間無料で体験してみることができるのでこれから入会を検討している方におすすめです。

AmazonプライムのKindleオーナーライブリーのメリットは?

このサービスの最大の特徴は1ヵ月に1冊、対象となっている書籍を無料で読むことができる点です。つまりスマホやパソコンでKindleのサービスを利用している人に比べて専用の端末を持っている人は年に12冊分お得になるわけです。

仮に1冊1000円として1年間に1万2000円の書籍代が事実上無料になるわけですから、非常にお得なのはすぐにわかるでしょう。Kindleペーパーホワイトの端末代金は種類にもよりますが1万円~1万6000円程度ですから、このAmazonプライムのKindleオーナーライブラリーのサービスを利用するだけでも十分にモトがとれてしまうことになります。

なお、対象となる書籍は2万冊以上の和書、さらに60万冊以上の洋書と大量に用意されており、中には話題のベストセラー、コミックなども含まれているので読みたい本を無料で入手する機会に恵まれるでしょう。とくに洋書を読んでいる方にとっては非常に大きなメリットになるはずです。

また、これらの対象となるタイトルが同時にPrime Readingの対象タイトルにも該当している場合には冊数無制限で読むことができるのも大きな魅力です。

Kindleのサービスでは月額料金を支払うことで対象タイトルを無制限で読むことができる「Kindle Unlimited」というサービスもありますが、こちらは月額料金がかかるうえに対象となっているタイトルに制限が見られます。ですから1ヵ月に1冊無料で入手できるAmazonプライムのKindleオーナーライブラリーがよいか、このUnlimitedがよいか、双方の特徴・メリット・限界をよく見極めたうえで選択してみるとよいでしょう。

その他のAmazonプライム会員特典

Amazonプライム会員の特典はほかにもたくさんあります!
知ってるものから知らないものまで、Amazonプライム会員歴10年の自称Amazonのプロが徹底解説!


こんなにもお得なAmazonプライム会員ですが、なんとびっくり日本人の加入率は約17%程度というデータもあります。
今Amazonプライム会員になれば上位17%に入ることができるんです!魅力じゃないですか?
かといって年間4900円を何気なく支払うのはすこし重たい…それなら徹底的に知りましょう!Amazonプライムを!

まとめ

このサービスの魅力はなんと言ってもUnlimitedとは違い改めて月額料金などの失費が必要ではないこと、そして本を無料で入手できることです。月に1冊だけなので頻繁に利用する機会は少ないですが、読書生活をお得にすることができるとても魅力的な選択肢となるでしょう。

このAmazonプライムのKindleオーナーライブラリーはAmazonがKindleの電子端末を普及させるために展開しているサービスのひとつです。ですからすでに端末を持っている方は利用しないと損です。またパソコンやスマホでKindle書籍を読んでいる方は、このAmazonプライムのKindleオーナーライブラリーの内容を踏まえた上で、これから電子書籍リーダーを購入するかどうかを検討してみてはいかがでしょうか。

-トピックス
-,

Copyright© エンジニアのひきこもり通販生活 , 2019 All Rights Reserved.